音楽を聴くことと演奏することのちがいは?【木更津市のピアノ教室GRACE】

ピアノ演奏 ピアノは子どもの成長に良い習い事

音楽を聴くことと演奏することのちがい【木更津市のピアノ教室GRACE】

楽しく学んで力をつける、木更津のピアノ教室GRACE 藤浪明子です。

ピアノなどの楽器を演奏することは脳にどのような効果をもたらすのでしょう? ピアノを弾いている時、すごいことが起こっているんです。聴くだけでも効果のある音楽ですが、演奏することでの効果は計り知れません。ピアノのレッスンも長く続ければ続けるほど、脳にも良い効果が得られます。

 

楽器演奏は脳にどんな効果をもたらすか?

動画は英語です。YouTubeの翻訳機能をつかうと日本語字幕が見れます。

How playing an instrument benefits your brain – Anita Collins

 

楽器を演奏するときは脳の全体を使う

 「楽器を弾く事の脳への効果」より抜粋 (翻訳 バイオラ大学 河村まなみ先生)

被験者に国語と数学の課題を解いてもらい脳の活動領域を調べました。被験者に音楽を聞いてもらったところ、花火が起こっているのを見たのです。 脳内の多数の箇所が一度に明るくなったのです。プレイヤーに移行して調べると、演奏している時の脳内はほぼジムで体全体を鍛えるくらいの活動が起こったのです。

なぜ音楽はそのような特徴的な状態を生み出すのでしょうか? この学問はまだ比較的新しいのですが、学者達は一つの見解に達しています。 楽器を演奏するという行為は、脳内の殆ど全体を一度に使います。 特に視覚野、聴覚野、運動野です。

他の分野の訓練と同じように、音楽を習うにも鍛錬と計画的な練習が必要です。 この訓練が音楽家の脳機能を向上させ、他の事をするにも効果を発揮するようです。

音楽を聞く事と弾く事の最も大きい違いは、後者が高度の運動機能を必要とする事です 。この機能は左右両方の大脳半球でコントロールされます。 また言語、数学的な情報処理能力のためにより多く使われる左半球、新しい事や想像力のために多く使われる右半球、音楽活動はこの両方を用います。そのため、音楽活動が両半球をつなぐ脳梁を大きくして活発化し、両半球内の情報をより早くより多く伝えることができるのです その結果、音楽家は学問的・社会的問題解決をより効果的に、クリエイティブにできる のです。

音楽を創造する作業は一つ一つが手作業的で、作品のメッセージと感情を理解して行われます。 それゆえ、音楽家は実行機能に優れていることが多く、計画を立てる、作戦を立てる、 詳細に注意する、理性と感情の両方から来る複数の情報を同時に分析するなどの複雑な作業に優れています。 この能力は記憶機能にも役立っています。 事実、音楽家は記憶機能が優れており、記憶を整理してしまう能力、早く効率的に引き出す能力に優れています。

ピアノや音楽を習う人は元々頭が良いのでしょうか?神経科学者の研究によると、ピアノや音楽を習うことだけが、脳にとっては他のどの活動、勉強、芸術的活動とは違うということが分かりました。 ランダムに脳機能と情報処理能力が同じようなレベルの人々を集めて調査したところ、 ある一定期間楽器を習った人達は、他の人達より脳の複数の部分で機能が優れているのが見られました。 このように楽器を弾く事の脳への効果は、私達の精神機能の理解を助け、体内リズムや 複雑な機能の協調的な働きによって、脳内にオーケストラ的な活動が起こる事を助けています。

 

体験レッスン・お問い合わせ

体験レッスン・お問い合わせはこちらからお知らせください。

体験レッスン・お問い合わせ

 

【木更津市のピアノ教室GRACE】 レッスンコース

 

 

タイトルとURLをコピーしました